還付がなくても税務署で確定申告できる?

ホーム / 未分類 / 還付がなくても税務署で確定申告できる?

税務署での医療費控除の確定申告についてです。

うちは介護を受けている祖母が扶養に入っているため、毎年医療費は30万くらいになり、医療費控除を受けることができます。

しかし住宅ローン控除も受けているため、所得税はゼロになっていて、医療費控除の手続きをしても還付金がないので無駄だと思っていました。しかし医療費控除は住民税にも反映できるため、所得税がゼロでも申告しておいた方がよいことを知りました。そこで還付がないのならどこに申告をしたらよいのか、税務署?区役所?と疑問に思い、とりあえず税務署に問い合わせをしてみました。

そうすると「正直税務署は確定申告の時期は取り扱いが多いため、所得税ゼロで還付のない場合は受け付けられないのだけれど、例外として住宅ローン控除があるために、所得税がゼロになっている場合がこちらに提出してもらって結構です」という返答でした。

うちはそのケースに該当するため前年度の医療費控除の申告は税務署で取り扱ってもらいました。それが区役所へ回り、住民税に反映されるそうです。

還付がない場合は医療費がかかっていても確定申告できないと思っている方も多いと思いますが、参考にしていただけたらと思います。