行政無線放送機器がほったらかし・・・

ホーム / 行政無線放送機器がほったらかし・・・

私が住む市では、10年前ほど行政無線放送機器が各家庭に配られました。これで、火災情報や市内の催し事、交通安全運動、地域限定の連絡などを受けることができて、本当によかったと思っていました。

しかし、ある日突然、無線機から音が出なくなってしまいました。すぐに市の都市計画課に相談に行きました。答えは「すぐには修理に行けません。

ある程度の修理件数が溜まってから業者に依頼することとなりますので、こちらの用紙に記入してください」とのことでした。

言われるままに用紙に記入した後に、業者が来たのはそれから半年後でした。3名ほどのスタッフが来て、無線機を取り換えることもなく、アンテナ関係を調べたりしてようやく音が出るようになりました。

それから数日後、今度は雑音がひどくなり、音が出てもほとんど聞き取ることができません。再度、市に抗議に行くと、前回同様「こちらの用紙に記入・・・」とのことでした。

そしてそれから2年以上経ちますが、業者は1回も我が家に来ることはありません。完全にほったらかしの市の対応に呆れています。